ドッグフードに入っている添加物の危険性・安全性、それらの見分け方をお伝えします

ドッグフード 添加物 危険性

こんにちは。サイト管理人のシン太です。

 

最近はドッグフードも健康志向が強くなってきてますが、まだまだ危険な添加物が入っているドッグフードもよく見かけます。

 

特に、コンビニで市販されてるフードには、ガッツリ発がん性のある添加物が入ってるものが多いですね。

 

とは言え、全ての添加物が危険で悪いものなのか?というと、そうではなく、安全で必要な添加物もあるんです。

 

なので、「危険な添加物」と「安全な添加物」、どちらも知っておかないとワンコにとって安全・安心なフードを選べません。

 

ということで、代表的な危険な添加物、安全で必要な添加物を紹介しますので、アナタが食べさせているフードと見比べてチェックしてみてください。

 


ドッグフードに入っていたら危険な添加物一覧

添加物は数百種類ありますが、ドッグフードによく使われる危険な添加物がこちらです。

目的 分類 代表的な添加物名
保存性を良くするため 防腐剤・酸化防止剤 ソルビン酸 、ソルビン酸カリウム、BHA、BHT、エトキシキン
風味や外観を良くするため 甘味料 ソルビトール、キシリトール、グリシリジン・アンモニエート、ビートパルプ、コーンシロップ
着色料 赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号、青色2号
発色剤 亜硝酸ナトリウム

 

では、各添加物の危険性について、それぞれ詳しく説明していきますね。

 

危険な添加物〜防腐剤・酸化防止剤〜

フードの腐敗・酸化を防ぐための添加物です。目的としては悪くありませんが、危険な添加物を入れるのはNGです。

 

ソルビン酸 、ソルビン酸カリウム

カビや細菌の繁殖を防ぐための添加物。肝臓障害や発育不良の原因になると言われ、また他の添加物(着色料の亜硝酸ナトリウム)と反応して発ガン物質エチニル酸を作るので、併用すると特に危険。

ブチルヒドロキシアニソール(BHA)

もともとガソリンの酸化防止のために作られた添加物。ラットを使った動物実験で、発がん性、歩行障害、呼吸障害などが確認されています。

ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)

BHAと同様、酸化防止のための添加物。動物実験で脱毛・無眼症、米国の実験では、膀胱ガンや甲状腺ガンを誘発する恐れがあると報告されています。

エトキシキン

BHA、BHTに比べて、さらに危険度が高い添加物。人間の食用には禁止されているほど毒性が高いものです。FDA獣医医療センターによって、アレルギー反応、皮膚病問題、主要臓器の障害、がんなどの発症に関係しているという見解を発表されています。

 

危険な添加物〜甘味料〜

フードに甘みを付けるための添加物。ワンコも甘さが好きなので、甘味料を入れることで食いつきを良くするのが目的ですが、もちろんワンコの身体に悪いのでNGです。

 

ソルビトール

ダイエット食品としてもよく使われる甘味料。医療用途として下剤・栄養剤・浣腸液などに使われ、犬にとっても下痢の原因になると言われています。

キシリトール

人間の食品ではガムでもおなじみの甘味料。ただし、犬にとってはかなり危険な添加物。少量でも血糖値の低下を促し、嘔吐や腎不全の原因になると言われてます。

グリニジン・アンモニエート

甘味料の一種で特に大きな危険性は公表されていませんが、なぜか人間の食用には安全性が確認されておらず使用は認められていないという怖い添加物。

ビートパルプ

サトウダイコンから砂糖を取り出した後に残る副産物で、値段が安くフードのかさ増しにも使われる甘味料。精製過程で硫酸系の薬品が残留することが多く、犬のうんちを固めてしまいます。

コーンシロップ

トウモロコシのでんぷんから作られる甘味料。フードに粘り気や弾力性がつき、噛みごたえを良くなります。膵臓や副腎に悪影響を及ぼし、糖尿病を引き起こす可能性もあると言われています。

 

危険な添加物〜着色料〜

フードに色を付けるための添加物。ワンコは人間ほど色を識別できないため、飼い主である人間に美味しく見せることが目的。もはやワンコの食いつきすら関係なく、身体に悪いだけです。

 

赤色3号

別名『エリスロシン』と呼ばれるタール色素系の着色料。ラットを使った実験では、赤血球数の減少や甲状腺腺腫の明らかな増加が見られ、発ガンのリスクも懸念されています。日本では、かまぼこやサクランボ、福神漬けなどに使用されていますが、ドイツやアメリカ、ポーランドなどでは食品への使用が禁止されています。

赤色102号

別名『ニューコクシン』と呼ばれるタール色素系の着色料。発ガン性、アレルギーの危険性があると言われています。日本では、洋菓子やソーセージなどに使用されていますが、カナダやベルギー、アメリカなどでは食品への使用が禁止されています。

赤色105号

別名『ローズベンガル』と呼ばれるタール色素系の着色料。日本では、ソーセージや練り製品を赤く着色する時などに使用されます。発ガンや染色体異常の危険があり、ラットを使った実験では肝臓や腎臓にも悪影響が出ることが分かっています。

青色2号

別名『インジゴカルミン』と呼ばれるタール色素系の着色料。日本では、アイスクリームや和菓子などに使用されていますが、発ガン、けいれんの恐れがあり大変危険です。

その他(赤色40号、106号、青色 1号、黄色 4号、5号、緑色 3号)

その他の着色料も、どれも非常に危険。発がん性や遺伝毒性、染色体異常、アレルギーなどのリスクが高くなっています。

 

危険な添加物〜発色料〜

人間が見たときに色鮮やかに見せるための添加物。着色料と同様、ワンコとっては何1つメリットはありませんね。

 

亜硝酸ナトリウム

ハムやソーセージにも使われている添加物。肉を鮮やかに見せるために使われます。胃の中に入ってからニトロソアミンという発がん性物質に変わるという恐ろしい添加物。

こんなに危険な添加物があふれていて、法律は規制していないの?

ドッグフード 添加物 危険性

一応、2009年に制定された「ペットフード安全法」という法律があるんですが・・・

 

この法律の基準が甘すぎて話になりません(^_^;) たとえば、人間用の食品には食品衛生法という法律があって、【約450種類】の添加物の使用量などを制限してるんですが、「ペットフード安全法」で制限している添加物はたった【4種】だけ。つまり、4種類以外は使用量の目安・制限が全くないということです。

 

おまけに、この法律は違反したときの罰則はありません・・・これでは、とてもじゃないけど法律があるからといって安心できません。

 

ということで、まあ法律は当てにならないと思って、これまで紹介したような危険な添加物は自分でチェックしましょう!

危険な添加物チェックの次は、安全な添加物も知っておこう!

冒頭でも述べましたが、添加物の中にはフードにとって安全なもの・必要なものもあります。ワンコの健康ため・フードの安全のために入れるべき"必要な添加物"が2種類あるので、これも覚えておいてくださいね。

 

安全で必要な添加物〜ビタミン・ミネラル〜

1つ目の安全で必要な添加物は各種ビタミン・ミネラルです。

 

なぜ、ビタミンとミネラルを添加する必要があるのかというと、ドッグフードは製造過程で高温処理されるため、原材料に含まれるビタミンとミネラルの栄養成分はほとんど失れてしまうからです。ようするに、ビタミンとミネラルを添加物として補わないと、フードは栄養不足になってしまうんですね。

 

もちろん、栄養成分を強化するための添加物で、副作用や発がん性などの危険性はありません。

 

 

無添加を謳ったドッグフードでビタミンとミネラルが添加されていないものを、たまに見かけます。「えっ?栄養バランス大丈夫なの?」と聞きたくなりますね(^_^;)


 

安全で必要な添加物〜天然由来の防腐剤・酸化防止剤〜

もう1つのドッグフードに必要な添加物が、天然由来の防腐剤や酸化防止剤です。

 

ドッグフードは開封してから食べ終わるまでに約1ヶ月くらいはかかるので、どうしても添加物で腐敗や酸化を防ぐ必要があります。(腐敗・酸化したフードは、下痢・ガン・アレルギーの原因になるので危険)

 

ただし、上で紹介したようにBHAやエトキシキンなどの人工的に合成した添加物は発がん性があったりするので、フードに入れたくありません。

 

なので、危険性・副作用の可能性が低い天然成分から作った防腐剤・酸化防止剤を入れておくのがベストです。具体的には、ミックストコフェロール、カモミール、セイヨウタンポポ、マリーゴールド、ローズマリー抽出物などです。

添加物の安全性を考えて、ドッグフードを選ぶには?

ということで、今までのことをまとめると、『OK』『NG』それぞれの代表的な添加物はこうなります。

目的 分類 代表的な添加物名 評価
栄養成分を強化するため 栄養強化剤 各種ビタミン、ミネラル OK
保存性を良くするため 防腐剤・酸化防止剤(天然) ミックストコフェロール、カモミール、セイヨウタンポポ、マリーゴールド、ローズマリー抽出物 OK
防腐剤・酸化防止剤(人工) ソルビン酸 、ソルビン酸カリウム、BHA、BHT、エトキシキン NG
風味や外観を良くするため 甘味料 ソルビトール、キシリトール、グリシリジン・アンモニエート、ビートパルプ、コーンシロップ NG
着色料 赤色3号、赤色40号、赤色102号、赤色105号、青色2号 NG
発色剤 亜硝酸ナトリウム NG

 

添加物はドッグフードの原材料表示に記載されるので、
ドッグフード 添加物 安全性
こんな感じで、OKなものが入っていてNGなものが入っていなければ問題ナシです。
(こちらはモグワンの原材料表示です)

まとめ

いかがでしたか?危険な添加物をチェックはしても、意外と安全で必要な添加物チェックをしない人が多いので、特に気をつけてくださいね。

 

危険な添加物も安全な添加物も、両方チェックしてワンコにとって安全・安心なフードを選んであげてください。

 

あとはせっかく添加物に気をつけるなら、他にもいくつか"良質なドッグフードの条件"があるので、それらの条件も満たしたフードを選んであげれば完璧です(^^)