グレインフリートグルテンフリーの違いとは

グレインフリー グルテンフリー ドッグフード

グレインフリーとグルテンフリーは言葉も似ていますが、原材料としても兄弟分みたいな関係性にあります。

 

グレインとは

グレインとは穀物のことです。代表的なものとしては米、小麦、とうもろこし、オートムギなどです。正確に言うと、これらを基にした粉(小麦粉など)もグレインの食材の1つといえます。

 

グルテンとは

小麦やライ麦などの穀類のから生成されるタンパク質の1種です。このタンパク質が植物アレルギーの原因になると言われているため、グルテンフリーが好まれる傾向があります。

 

グレインフリー、グルテンフリー

上記の通り、グレインフリーのドッグフードであれば穀物それ自体が全く含まれていないということになるので、必然的にグルテンフリーにもなります。グルテンは麦類のタンパク質、グレインは麦類を含む穀物すべてという意味です。


グレインフリー、グルテンフリーのドックフードが流行したきっかけ

グレインフリー、グルテンフリーという言葉が広まったのはいつ頃からでしょうか?

 

様々な意見があると思いますが、2007年に中国産の小麦によってアメリカで起こったドッグフードのメラミン混入事件が大きなきっかけの1つとなりました。アメリカで小麦グルテンが入っているドッグフードを買った消費者から、犬が病気になったり死亡したりしして、クレームが入り大問題になりました。

 

中国産の小麦グルテンの中にメラミンが混入していたというのが理由でした。これによって、多くのドッグフードがリコールの対象になりました。ロイヤルカナン、ヒルズ、ナチュラルバランスなどの超有名ブランドのドックフードもこのリコールの対象になりました。

 

このメラミン混入事件がきっかけとなって、日本では2009年にペットフード安全法が施行されました。直接的にこの事件の影響ではないかもしれませんが、このぐらいの時期から日本でもいわゆるグレインフリーのドッグフードがもてはやされるようになってきました。

 

グレインフリーがメラミン混入事件とは直接関係があるわけではないですが、高品質の安全なドッグフードが望まれる風潮になったのは間違いないと思います。

 

いかにも日本で広まりそうな理由ですよね。実際のところ、グレイン(穀物)、グルテンそのものの問題としてワンちゃんの健康被害が出たとかではありませんので、その意味では安心していいです。

グレインフリーテン、グルテンフリーのドックフードを選ぶ際の注意点

グレインフリーのドッグフードのメリットは、ざっくり言うと

  • 消化が良い
  • アレルギーになりにくい
  • 肥満予防あるいはダイエットになる

という3点がよく挙げられます。

 

ただ、実際に販売されているグレインフリーのドッグフードを見ても、実はグレインフリーの定義は曖昧です。

 

グルテンのもとになる小麦が入っているグレインフリーのフードはほとんどありませんが、じゃがいもならオッケーとしているグレインフリーのフードもあります。

 

あるいは、じゃがいもはNGだけどサツマイモならいいとか、サツマイモもダメだけどタピオカならいいとか、ジャガイモサツマイモもタピオカもすべてダメ、など各ドッグフードメーカーによって基準が違っています。

 

この辺りはあまり突っ込んで考えても、結論は出ないですね。さつまいもはは野菜なのか穀物なのか、ということでさえ意見が別れているくらいなので。

 

 

で、実際にグレインフリーやグルテンフリーのドッグフードを選ぶ際の基準としては、原材料全体のバランスを判断できればベターですが、最低限として次の2点を注意してみるといいですよ。

 

消化不良、アレルギーが気になるなら

最低限、小麦が入っているものは避ける。グルテンを避けるという事ですね。

 

肥満気味、ダイエットを考えているのなら

芋類などの炭水化物の原材料に注意して、GI値が低いものが入っているものを選ぶ。

 

グレインフリーのドッグフードの場合、穀物の代わりにほとんどの場合炭水化物なんだから入っています。その炭水化物のGI値に注目します。

 

高GI値の炭水化物は食後に急激に血糖値を上げてしまうので、身体への負担が大きく、肥満の原因になります。一方GI値が低い炭水化物は血糖値の上昇が緩やかなので、身体への負担も少なく、太りにくいです。

 

一番わかりやすい注意すべき炭水化物は、じゃがいもですね。じゃがいもはGI値が高いので避けましょう。同じ芋類でも、さつまいもならGI値が低いのでおすすめです。