グレインフリーとは何なの?

グレインフリー メリット

最近でも流行っているグレインフリーのドッグフード。ではグレインフリーとは何でしょう?そもそもの意味を確認していきましょう。

 

グレインフリーとは穀物(小麦、とうもろこし、米など)を全く使っていないという意味です。ただし、ドックフード業界においていうと、特にイネ科の穀物(米、大麦、小麦、とうもろこしなどの穀物)が含まれていないという意味になっています。

 

なので同じ炭水化物系でも、芋や豆は穀物ではない、ということで、多くのグレインドッグフードではイネ科の穀物が、芋類や豆類置き換えられています。

 

グレインフリーとグルテンフリーの違いとは?

グレインフリーと似たような言葉がでグルテンフリーというものがあります。グレインフリーが穀物不使用であるのに対し、グルテンフリーは穀物から生成されるタンパク質が不使用という意味です。


犬にとって穀物はなぜ危険なのか?

これだけドッグフードでグレインフリー穀物不使用が流行するのには、理由があります。穀物を取りすぎることで、ワンちゃんの健康に影響が出てくるからです。

 

穀物を取りすぎるワンちゃんの主な影響
  • 太りやすくなる
  • アレルギーの原因になる
  • 消化不良を起こしやすい

 

一つ一つ見ていきましょう。まず、太りやすくなるということ。

 

人間の炭水化物ダイエットでも有名になりましたが、穀物も炭水化物なので体内に入ると糖質に変化します。糖質が体内に多くなってくると、血糖値が上昇するためインスリンという血糖値を下げるホルモンが分泌されます。

 

このインスリンというホルモンが厄介で、脂肪をエネルギーとしてため込む性質があります。なので、穀物(炭水化物)などを取りすぎると太る原因になると言われるのです。

 

これは人間でも犬でも全く同じです。安いドッグフードには、かさ増しやつなぎのために大量の穀物が使われていることがあります。そうしたドックフードを食べていると、栄養も偏ってしまいますが、さらに太りやすくなってしまうんです。

 

 

では次は、アレルギーの原因になるかも、という点。

 

また穀物の厄介な点としては、アレルギーになりやすいタンパク質であるということです。特に、小麦アレルギーになる犬が多いです。犬種で言うと、ダックスフンド、チワワ、フレンチブルドッグなどが小麦のアレルギーになりやすい犬種だと言われています。

 

 

最後が、消化不良を起こしやすいこと。

 

犬は穀物を消化しづらいという説があります。穀物を消化するには唾液中に含まれているアミラーゼという消化酵素を使います。人間にはあるこの消化酵素が、今の犬の唾液にはほとんど見られません。それゆえ、犬は穀物をほとんど消化できないと言う説があるんですね。当サイトではいろいろ調べた結果、犬が穀物を消化できないとは思っていませんが、一説にあるのは確かです。

グレインフリーのメリットとデメリット

グレインフリーのデメリット

特にグレインフリーだからという理由だけで大きなデメリットありません。あえてデメリットあげれば、グレインフリーのドッグフードはやや価格が高くなっています。

 

後は、グレインフリー限りませんが・・・穀物不使用だからといってそれだけで栄養素が十分なドッグフードとは限らないので、その点は盲信しないように気をつけてください。

 

グレインフリーのメリット

グレインフリーのドッグフードのメリットは主に以下の点ですね。

  • アレルギーになりにくい
  • 消化しやすい
  • 腸にやさしい

上で述べたようにワンチャンの場合には小麦アレルギーになることが非常に多いです。グレインフリーであれば、アレルギーの子でも食べられますし、今後アレルギーなる予防にもなります。

 

一部で言われているほど犬が穀物と消化できないということありませんが、それでも穀物のでんぷんは消化不良を起こしやすいと言われています。

 

消化不良を起こすと、犬の腸管粘膜に障害を与えることもあるそうです。腸の健康にもよくありませんね。で、そのせいで本来は吸収されないようなタンパク質が体内に侵入し、結果としてアレルギーの原因になる可能性があると言われています。

グレインフリーが向いている犬のタイプとは?

これまで見てきたようなグレインフリーのメリット、デメリットを中心とした特徴から考えて、グレインフリーが向いているワンちゃんはどんなタイプでしょうか?

 

グレインフリーが向いてるワンちゃんタイプ
  • 小麦、米とは、とうもろこしなどにアレルギーが出ている場合
  • お腹や消化器のが弱い場合
  • 寄付などに炎症が出ている場合
  • 炭水化物の摂りすぎによる太り気味の場合

 

既に上記のように当てはまっるのであれば、今使っているドッグフードからグレインフリーのドッグフードに書いてみる価値は十分にあると思います。

品質が良いグレインフリーのドッグフードを選ぶ方法

グレインフリー・穀物不使用だからといって、そのドッグフードの品質が良いとは限りません。まあ実際のところは、グレインフリーと銘打っているドッグフードの多くは、価格もそこそこ高く品質も良いものが多いです。

 

グレインフリーに限らずドッグフードの品質を見極めるポイントというのはいくつかありますが、細かい点は当サイト推奨のドッグフードを選ぶ6つの条件を見てもらうとして、グレインフリーの場合の注意点を1つだけお伝えしておきます。

 

それは低炭水化物かどうかをチェックするということ。すでに述べたように、グレインフリー・穀物不使用の場合には、イネ科の穀物を用いない代わりにたの炭水化物を用いているドッグフードが多くあります。芋類や豆類などですね。

 

このグレインフリーの代わりに使われている炭水化物は、基本的に低GI値食品(血糖値を急上昇させない食品)のほうがベターです。(特に肥満を気にしてる場合)

 

じゃがいもなど高GI値の炭水化物は、血糖値を急激にあげてしまうので、肥満につながってしまいますから。低いGI値の炭水化物食品には、サツマイモ、えんどう豆、ひよこ豆、インゲンマメなどがあります。